新幹線の中より草々

2017.09.05 14:32|今日の出来事
ただいま東京駅から新幹線での移動中。そういえば今日は朝からいろいろあったなと思い出す。


まず赤坂のホテルを出発してすぐ、前方にイギリス英語の老夫婦がこちらに向かって歩いてらっしゃって、私の大きな荷物をご覧になったからでしょう、私が避けようとしたその瞬間に、お父さんが左腕をお母さんが右腕をこちらへどうぞみたいにして真ん中をゲートのようにして通してくださった(笑)すれ違い極の老夫婦のスマイルがネ申。


その後すぐ、喫煙者天国の路地の坂を下ろうとした時に、私の足元にバシャという音がして見るとソルティライチのペットボトルが飛んできていた。それを取ろうとした時に10代っぽい女の子が駆け寄ってきて、同時に取ろうとして手が触れて、見つめ合って、
「謝、、謝、、、。」
と言われて中国語での返事が分からず、イケメンスマイル風の微笑を作る私。なんやこれ。なんやこれ、だがリアル・ラ・ボエームのシチュエーションがミラクル。


丸ノ内線赤坂見附駅に降りていくビックカメラのとこのエスカレーター手前で、リュックをかるい、おんぶ紐で身体の前に赤ちゃんを抱っこして、その子より少し大きなお子さんをベビーカーに乗せた極々小柄な若いお母さんと並び、そしてエスカレーターでそのお母さんの後ろになった。(え?エスカレーター行くん?)と思ったが、お母さんは行った。無事降り、その後行き先が同じで歩いていると、ハラッと何かの紙がお母さんから落ちたのが見えた。近づくと何かの領収書だった。渡してあげようと顔を上げたら、お母さんがもういない!嘘ーん!と見渡すと、改札を抜けてお母さんは走っていた。なんで?私も荷物が多くて一瞬諦めかけたが、いやいやと私も走る。すいませーん!と大声で呼び止めるべきか、急いでらっしゃるのにいらないものだったらタイムロスだから、とにかく追いつくまで黙って走ろう。お母さんが早いのか私が遅いのかなかなか追いつかず、追いついたのはエレベーター前。2人で息を切らせながら、
「はぁ、はぁ、これ、はぁ、はぁ、落とされませんでしたか?はぁ、はぁ、」
「はぁ、はぁ、あーぁ!ありがとうございまーす!はぁ、はぁ、」
目のまん丸さが、ありがたいなのか、こんなものをここまで走って?なのかは分からなかったが、とにかく手元に戻って良かった。子供たち2人は動じず寝ていた(笑)


東京駅。プラットホームに上がるエスカレーターまで来た時、上から女子高生の団体が階段を降り始めていた。修学旅行の帰りだろうか。明らかにシティ感が出ていて、これは田舎から修学旅行でやって来た女子高生ではないということは疑いようがなかった。みーんなきれいにメイクをして誰1人としてすっぴんはいなさそう、逆にいたら目立って目に止まっただろう。ははー!都会の女子高生はオシャレなんだなぁ!。。。というところから私はあることを思い出した。
豊浦高校1年野球部に入部してあれは1ヶ月くらいだったろうか、ある日曜日、1年生に初めてのお休みが与えられた。そのお休みは前もって知らされていたので、同級生みんなで遊ぼうと計画した。遊ぶ。。。?山陰地方の田舎から下関というシティで生活するようになってまだ慣れておらずお上りさん状態だった私は、まず遊ぶために何を着ていけば良いかすら分からなかった。もともと野球ばかりでオシャレに興味はなかったし、オシャレ感覚がなくても親に与えられた服でやり過ごしていてそんなに不便はなかった。下宿だった私は親に電話で相談した。すると親はいくらかお小遣いをくれた。それが十分なのかどうなのか分からないまま、遊ぶ日の前日に下関最大のショッピングモールであるシーモールに1人で服を買いに行った。広い!分からなすぎる!しかも、お小遣い全然足らない!ということで、ぐーるぐるぐーるぐる歩き回った挙句、セーラーのパーカージャンバーのみを買い、帰宅。さて、それで、だ。下宿先に持ってきていた私服からそのセーラーパーカージャンバーに合うもの。。。ない。親から服を買うためのお小遣いをもらってショッピングするなんて生まれて始めてで嬉しくて浮き足立っていたし、翌日のことで焦っていたにせよマイアイテムのことを考えずなぜこれを買ったのか帰ってから不思議になった。結局、
・セーラーパーカージャンバー
・バスケットやサッカーなどで着るメッシュのビブスのような素材の炊いたかぼちゃのようなオレンジ色のノースリーブで胸に右下から左上に向かって筆でJumbo!と黒く荒々しく書いてあるもの。素肌に着る。
・ケミカルウォッシュを何度も洗いすぎてケミカルがなくなり気味のボンタン(ももは太く足首に向け細く絞ってある)ジーパン。
・白靴下、汚れまくった登校用白靴。
・キングダッシュの財布。
ネ申的ダサさだ。いや、むしろ今これで東京を歩けば、奇跡的に唯一無二のオシャレになるか(ならないな笑)、変態になるくらい、振り幅マックスのコーディネート。翌日これで待ち合わせ場所に現れた私に、誰もが引いてしまったことは言うまでもない。同調という言葉は辞書から消えてしまったのかという程人にも街にも店にも空にも地べたにも何にも全く馴染まないただただ鮮烈なダサさ。今でも全く色褪せない赤っ恥メモリー。


新幹線に乗る前。今日は暑い。プラットホームに並んだ乗客もイライラしてくる。車内清掃が終わりやっと扉が開いた。としたところに、列の先頭にいた英語圏外国の方3世代ご家族が、まずベビーカーから娘さんを降ろすところに始まり、ご両親と娘さんが乗って、お爺さんがベビーカーをたたみながらなかなかたためず、しかしあとスーツケースが4つあり、、、というところでしびれを切らしたおじさんが、
「早く抜かして入れよ!何やってんだよ!」
と大怒鳴り。気持ちは分かるが私はこういう人間には腹が立つ。まず、その程度のイライラをいい大人が周りに構わずそんな大怒鳴りする、ダイヤを乱すような迷惑行為をしているわけではない。遠くから来られた外国の方はきっと自分達に言われたと思うだろう、そう勘違いしたご家族のそれからの時間のことを思う。ドア前でバタバタしてらっしゃるのがお爺さんや小さな娘さん、弱者に対しての暴言。抜かして入れ、というのは2番目に待ってる人への忠告、あえて抜かさずに待ってる人へそれを言うくらいなら自分が抜かして入れよ、そんな大怒鳴りをし周りを不快にしておいて半分はモラルを守ろうとしているのか、正義の代表の感覚ならそれは間違っている。
新幹線に乗り込む。
案の定、叫ばれたご家族はお葬式のような雰囲気になっていた。。。可哀想に。落ち込んだ様子のお爺さんが今度はスーツケースを荷台に上げようと通路でフラフラしてらっしゃった。奥さんの小柄のなお婆ちゃんに小声でおぉ手伝ってくれ、と言われている。たまたま私がお爺さんのすぐ手前にいたので手伝ってあげたら、お爺さんもお婆さんも私に気付かずに「おぉ軽い!」とビックリして喜んでらっしゃった(笑)素敵な日本旅行になりますように。


堺シティオペラさんのラ・ボエームの世界に戻ってきた。幸せだ。

急に様子を変えた景色

2017.09.02 18:56|今日の出来事


8月半ば、この景色は灼熱だった。今は急に秋。

堺シティオペラさんのラ・ボエームはいよいよ仕上げの域だ。稽古では、クリスマスイブの真冬の屋根裏部屋から何度もパリを見渡してきた。

灼熱の8月には思いもしなかったが、少し季節に色気が出てくると、この景色ったらあのボエームに近いじゃないか(笑)

人が亡くなるのは悲しいし寂しい。どんなに死んでほしくなくてもミミは死ぬ。その都度辛い。結末は永遠の別れだと分かっているから、その出逢い、すなわち始まりは大変切ない。出逢わない方が良かったのか?

そんなことはない。2人は幸せだった。これ以上はない最幸の運命の出逢いだった。

オペラにおいては、奇跡的な運命の歯車を目の当たりにすることが多い。いわゆる”たられば”じゃないことが起こりがちだ。しかし、登場人物達は一生懸命物語を生きている。

ロドルフォが、新聞記事の仕事を仕上げるため仲間と一緒に街に出かけることが出来なかったとき、突如として不自然に美しいメロディーが流れ出す。プッチーニが仕掛けた運命の歯車だ。5分。ロドルフォは仲間に5分で仕上げると言って先に行かせた。別に部屋で待ってればいいのに仲間は寒い建物の階下の入り口で待つ。ロドルフォが1人になったこのわずかの時間に、運命の人が奇跡的に部屋にやってきた。ミミだ。

ミミは死ぬ。

ふと客観的に感じてしまうと、この出逢いで嗚咽に近い涙が止まらなくなってしまうので(ほんとはその前の運命の音楽から)、大変なアリアも間近に迫っていることだし(笑)、私はここは特にとにかく今を生きる人間になるよう用心している。

そんなことを言っている間に夜の帳が下りた。



生きているということは素晴らしい。あの人この人まだ見ぬ人いろんな人や、生き物、景色や物と関われるから。関わりの中に沢山のかけがえのないドラマがあるから。

いやいや中学生はないやろ、、、ほぉんまやっ!!

2017.08.29 16:27|今日の出来事


見た瞬間、この人プロ野球選手じゃないの?と思ってしまいました。中学3年生!!!バッティングフォームも理想的。しかもがむしゃらに振り回したわけでなく、左足の軸をしっかりためてコンパクトにしっかりとした逆方向への打ち方。それでスタンド中段。。。そもそも185cmって(笑)!

西川遼祐くん

これからが楽しみです。

プロ中のプロ

2017.08.29 16:11|今日の出来事


広島東洋カープの菊池涼介選手。このプレーだけではなく集めればきりがないほど沢山の好プレーがあります。しかしまーこのような、打った時点で相手チームからすればよっしゃ!の打球でも、菊池選手のおかげでホームベースを踏めないわけです。それを連続でされちゃーたまったものではありません。3アウト目のタッチアウト後の(しょうがないこれがアウトになっちゃうからね菊池は。)みたいな、走者、キャッチャー、審判、サードコーチャー、いやもうアナウンサー、解説者を含めみんなキツネにでもつままれたような騒然とした雰囲気になってます。まずあそこがセカンドの守備範囲になるのかという驚きと、ボールを取ってからノーステップであそこからバックホームできるのかという驚き、そして、(良かったアウトになって)くらいの表情の淡々とした菊池選手にも驚き。

野球にはこのような良い守備プレーから攻撃の流れを引き寄せるということが大いにあります。現にこの試合もカープは負けはしましたが8回に3点を返し、6対5での敗戦でした。カープはセ・パ全球団の中で逆転勝ちが最も多い球団です。

こんな素晴らしいプレーを日常的に見れるなんて、同じ時代に生まれて良かった!!

言葉の宝物

2017.08.27 23:45|私の心に残る言葉
「子供さんにかっこいい背中を見せてあげてください。」

とても心に沁みるお言葉でした。ずっと一緒にいれるわけではなくても伝えられることはある。見せていなくたって見られている。そして、魂は繋がっている。

感謝致します。

今日はとても感動的な日でした。

笑顔のまんま

2017.08.22 23:41|今日の出来事
ボエームの稽古後、マンション近くのスーパーで買い物中、自分がずっと笑顔であることに気付いた。特別ニヤけていた訳ではないが、無意識に表情筋が笑顔に向かっている。これはとてつもなく素晴らしいことだ。

あと、このスーパーで買った”にがり”が、意外にも健康への即効性を発揮した。汗のかき過ぎには自覚があり、その分ミネラルが豊富な水分を常々沢山飲むようにしていたが、きっとそれでも足りなかったのであろう。にがりを入れたにがりウォーターを先程飲んで、今、嘘みたいに暑さすら感じないし、汗をほとんどかいておらず快適だ。もちろんいつものようにノークーラーであっても。今日は特別涼しいのだろうか。いや、それだけではない、いつもの頭がホワホワとする感じがなくシャキッとしている。きっと絶大な効果だ。

もう1杯飲んで寝よう。

栄養

2017.08.19 10:31|今日の出来事
今はマンスリーマンションでキッチンがある部屋なので自炊できます。たとえそれが美味しくもない栄養素を摂るだけのエサ的な物体であっても(笑)、添加物だらけの物を食べ続けるよりは元気を保てます。

昨晩は、堺シティオペラ『ラ・ボエーム』公演の決起集会ともいうべき焼肉パーティーがありました。

焼肉ホルモンブンゴ 堺東店
https://s.tabelog.com/osaka/A2705/A270501/27099013/

テンション通り心の叫びを言葉にすると、ぶちくそ美味すぎました。まだ6月終わりにオープンしたばかりのお店のようでしたが、「何枚でも食べれる牛肉」がテーマのようで、一頭買いの豊後牛の様々な部位を美味しくリーズナブルにお腹いっぱい食べれます。野菜はどうかというと、3500円のコースに野菜はサンチュ・スライスオニオン・キャベツが食べ放題として付いてました(私にとってはこれがかなり大事)。また炊きたて美味ご飯も食べ放題。何より素敵だったのは店員さんがナチュラルに活き活きしてらっしゃるところです。とんでもないお店が出来たものです。お店を選んでくださった水野さんに感謝!

ただし、美味しかったのはお店のサービスでだけではなかったかもしれません。やっぱり、焼き方、これは大事です。プリマの並河さんが焼肉奉行となって焼いてくださったのですが、これ以上ないブンゴのどビンゴな焼き方で食べれました。焼肉奉行は厳しいので、良い食べ時に話に夢中になっていると怒られます(笑)楽しい楽しい焼肉パーティーでした。

また粟國さんや制作スタッフの方々にも舞台制作についてのお話をお聞きできて大変興味深かったです。やはりプロフェッショナルのお話はカッコイイですね。想像しうる当たり前ではないことが必ずあります。焼肉に加え、ものづくりのお話は私にとって幸せな栄養です。

そして、いいものを作っていこうという人々の空気に包まれているパーティーは最幸です。

元気になれるってありがたいです。

缶詰

2017.08.16 12:46|今日の出来事


来月9月9日(土)10日(日)堺シティオペラ『ラ・ボエーム』公演まで約1ヶ月、この堺の景色とお付き合い。

柴田真郁さんの音楽、粟國淳さんの演出、とても素敵だ。好きだ。

ホテルを転々とする毎日、窓の開かないホテルも多く、この缶詰はじわじわ辛い。ここは、ベランダにも出れて空気もいっぱい吸える。下の商店街では地元の方々の生活が聞こえる。空が広い。ありがたい。

オペラをやっていれば、昼夜基本は缶詰。作品に缶詰、稽古場に缶詰状態で、そして魅惑の缶詰をこしらえる。そう言えば、森永のチョコボールの当たりに、おもちゃの缶詰ってありましたね。ワクワク感はちょっと似てるかもしれない(笑)空気の缶詰とかも一時期流行りましたね。開けた瞬間に一瞬に消える別世界の浪漫的発想からするとそれともちょっと似ているかもしれない(笑)。

今日も魅惑の缶詰作りが始まります。

ダイワロイネットホテル

2017.08.12 20:24|今日の出来事
合わせが終わってタクシーでホテルに向かう途中、運転手さんが、

運:「ロイヤルネットホテルはこれ真っ直ぐで左でしたね?」

私:「はいそうです。えっとロイワネットホテルです、、、あれ?ロイワ、、、ロイーロイー、、、」

運:「あーそうでした!!すいません、ロイワネットでした。。。」

私:「あーロイワネットホテルだ。そっかそっかすいません。」

しばし無言。



同時に「・・・っダイワロイネットホテルっ!!」(笑)


我ながら、頑張れー2人ー!

夏の思い出

2017.08.11 23:20|今日の出来事
京都におります。

ダイワロイネットホテルは、セキュリティがしっかりしていて、部屋のカードキーを使わないとエレベーターが使えません。

私が乗ろうと、エレベーター横にある壁のカードキー挿入口にカードを入れようとしたところに、中国人の親子が走ってきて、小学校低学年程の娘さんが割り込むようにカードを入れようとしたので、追ってきたお母さんらしき女性が娘を叱るような感じで引っ張りどかし私に、どうぞ、ごめんなさい、というように申し訳なさそうに見てらっしゃる、また娘さんが、私がやりたかったのに、みたいに半ベソ。そこにお父さんが、どうした?とばかりに小学校高学年程の息子さんといらっしゃった。お母さんが説明。。。

中国の故郷からはるばる日本へ出発するご家族のことが一瞬で浮かびました。

私は、英語で話しかけましたが通じなかったので、身振り手振りで、娘さんにカードを入れてもらうよう説明すると、その娘さんがカードを入れてエレベーターの扉が開きました。一緒に乗って。ご満悦の娘さん。申し訳なさそうなお母さん。娘さんに何か話しかける息子さん。子供達の騒ぎを嗜める声の大きなお父さん。

お母さん、どうぞ気になさらないでね。

同じ階。そして、隣の部屋(笑)ご縁があるようです。

このご家族にとって最高の日本旅行になりますように。

日本はお盆。

心留め

2017.08.01 17:41|思い出の場面
風花や  醒め驚きぬ  旅燕

趣味

2017.07.28 13:51|今日の出来事
あまり趣味という趣味を持っておりませんが、ここ最近ハマっているのは、プロ野球投手の投球フォームを見比べることです。これはどハマりの趣味です。

私がまだ野球をやっていた高校時代まではネット環境というものが存在せず、今のようにYouTubeで何でも見ることはできませんでした。今は、、、オーマイガー。ましてや、スーパースローなどでじっくり身体のこなしを見れたりもするのです。さらには、プロ野球選手が自分の投球のコツを指導したりしてる映像などもあります。また、テレビ中継では審判カメラやキャッチャーカメラなど、審判や選手でないと見れない角度から投球フォームや球筋を見れたりもする、すごい世の中になったものです。まことありがたや。

ありがたやと言いますと、著名歌手のいくつかの個人レッスンやマスタークラスをYouTubeで見れます。あぁ、神様ありがとうございます。わざわざ海外に行って幸運に恵まれてやっと受けれるような素晴らしい歌手達のご指導を、映像で繰り返し何度も何度も見れるなんて!!素晴らしい世の中!!

いや、話が逸れました、なぜこのようなことを書こうと思ったかと申しますと、7月27日のMLBマーリンズ×レンジャーズ戦でのダルビッシュ投手の写真がネットに出ていて、見事だなぁと思ったのです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170728-00010009-fullcount-base.view-000

ミラクル!椋鳥

2017.07.26 20:54|今日の出来事
今日はお昼からカラオケにおりました。夕方頃部屋の換気をしようと思い部屋の外に出たところ、ちょうどそこにビルの窓があって、空に椋鳥の大群が見えました。

またちょうどそこに店内のBGMが鳴り始め、それがこの椋鳥の演舞にピッタリだったので、ビデオにおさめることにしたのですが、まさかの、店内のBGM終わりと共に舞も同じような感じで終わるというミラクルになりました。

出場してないだけで

2017.07.26 01:54|今日の出来事
ウサイン・ボルト選手が2009年のベルリン世界陸上男子100mでたたき出した、9.58秒は現在の世界記録です。この記録はそう簡単には塗り替えられることはないのではないかと思うのですが、ただ、ウサイン・ボルト選手は人類最速ではありません。厳密には、スプリンターとして活動している人の中において最速の記録で走ったことのある人、です。もしかしたら、出場していないだけで、8秒くらいで走ってしまう人はどこかにいるかもしれません。オリンピック競技を参加した人だけで競うのでなく、人類全員で一応やってみたら面白いかもしれません。そしたら、人類最速が判明します。私も予選落ちとは言え東京オリンピックに出場した、と言えます。まあ全員出場してるわけなのでもはや自慢にはならないですが(笑)。ちなみに、日本ハムファイターズの大谷翔平選手に1度本気で短距離の訓練をしてもらって記録に挑戦してもらいたいと望んでいます。彼は相当速いと思います。

政治家も立候補していない人の中に、もしかしたらとんでもない政治力を持った人がいらっしゃるかもしれないので、選挙の際には立候補者じゃなくても名前を書いて良いことにしてみたらいいかもしれません(笑)

※非常にテキトーなことを言っております。

怖いこと

2017.07.25 09:48|今日の出来事
「酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」

「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」

とある国会議員の方のTwitterでの発言。

このようなコメントは、匿名でしたらWEB上いたるところで見かけます。現代は、匿名であれば何を言っても許される、まあたまには許されない、そんな時代です。

私はこのことについて、良し悪し両面の思いがあります。

例えば、プロスポーツなどの観戦にある「野次」。好きな選手、嫌いな選手、あるいはチームに対して、ビールでも飲みながら、

「ばっきゃろーしっかりやれー!」

と叫んだりして、常日頃のうっぷんを晴らす。これって、私は素晴らしいことだと思うのです。その方の戦場は職場であったり、何かを守らなくてはならなかったり、人それぞれその場では晴らせないストレスなどが、別の場で晴らせてまた主となる人生の路線でまた頑張れる、これは本当に素晴らしいことであり、娯楽の存在意義でもあるとさえ思います。

TwitterなどSNSやWEB上のコメント欄での発言は、基本的に思ったことを自由に投稿できます。今はそういう時代です。いずれ変わるかもしれませんが、今はそうです。小学生の頃ドラえもんを見ていたときに「心の声スピーカー」という、心の中で思ったことが実際にスピーカーから音声として出てくる道具の回があり私はこれは怖い道具だと思いましたが、それが20~30年経って現実化していると言えます。しかも、先程の「野次」とは違い、現代の「心の声スピーカー」は活字となって、消されなければずっと残ります。

このようにWEBなら何でも言っていい世の中においては、ある意味、人間の本性の一部が垣間見れます。

人間って素晴らしいな、と思えることもあれば、そうでないこともあります。

冒頭の発言は、”そうでない”方の発言で、しかも立場も名前もわかってしまってます。本人もそれを自覚で投稿されてます。ですから余計に怖い発言です。

我々は自分たちの生活や人生に関わる政治を、自分たちには決まり上できないので、それをできる立場の方々に任せています。

自己考古学

2017.07.22 15:36|今日の出来事
浜松への新幹線の中。

声楽の発声は考古学に似てるかもしれないなと思いました。私は考古学者ではないのであくまで想像ですが、例えば、化石発掘の様に何らか大事なパーツそうなものが見つかったように思えて、ではそれがどうなのか。詳しく調べてただのガラクタと分かってしまったり。そのパーツが見つかったために集中的に他の膨大な量のパーツの存在を研究する必要性が起こったり。過去の仮説が覆されそうになったり、覆されたり、やっぱり覆されてなかったり。

医学的に身体の構造は明らかでも、自分の身体を自分ではほとんど感覚としてしか意識できないいろいろな機能的神秘を、わずかな音の違いや身体の違和感など間接的な判断材料と照らし合わせながら手探りで探していくしかない。

それが面白い。

今日の日よさようなら

2017.07.01 01:24|今日の出来事
昨日のGPの興奮からか早朝に目覚める。軽めの朝ごはん。今日はオフ日。

仲間のためにYouTubeにGP動画をアップロード(限定公開仕様)。自分ももう1度GPを研究。

雨。

たいして凝ってはいないがマッサージに行く。そこで少し寝る。

寝不足により滞る新陳代謝を取り返す計画で、名店のハーブカレーを奥さんのご好意によりご飯大盛りで食べる。汗吹き出す。

お仕事のお電話。お話まとまる。

カラオケにてじっくりゆっくり3時間調整。

カフェにて調整をノートにまとめる。ここのカフェは落ち着く。カフェインを避けたかったためマニアックなこぶ茶を飲みつつ。

野菜を買う。

帰り際の空。雲の切れ目から輝く太陽が美しい。風が爽やか。小学生の遠足の大団体と共に歩く感じに。まだ保育園の自分の子供達を照らし合わせなんだか嬉しくなる。

帰って野菜をクリームシチューにする。煮るだけ簡単。別に普通の味。肉なしだが大丈夫。タンパク質は今日はクルミ。

調子に乗ってちょっと食べ過ぎたか。激眠気くる。YouTubeで日本人メジャーリーガーの活躍を確認しながらうとうと。まだ20時。起きてお仕事いくつか。

目が冴える。

玉置浩二、小野リサ、ビートたけし、竹原ピストルの歌を聴く。素敵な歌ばかりだ。だいぶ泣いた。

野村克也の本を読む。

あぁ、なんだか今日が終わるのがちょっと寂しい。

勝負の前の、貴重なオフ日。

最高の1日。

そして7月突入!

命を預かるお仕事

2017.06.27 23:59|今日の出来事




ただただ、感謝です。

私も網膜剥離になった失明寸前の両目を助けていただいた過去があります。もう1日手術が遅れていたら私は今目が見えなかったのです。

この動画のように、先生方には先生方の計り知れぬご苦労がおありの中で、沢山の命が将来を与えられる。

手術に挑む先生方のお気持ち。不安でいっぱいの手術前、そして手術が成功して安堵するご家族。涙が止まりませんでした。

自分も与えられた命を大切に生きようとあらためて思いました。

これまで、これからの演奏会情報です。

2017.06.25 19:44|演奏会情報の一覧
これまで、これからの演奏会情報です。
演奏会情報をご覧くださりありがとうございます。
古い演奏会が下になるように記載しております。ご覧になりたい公演がございましたら、公演タイトルをクリックされますとその公演の詳細が表示されます。関係者の方のみご入場いただける演奏会も掲載しております。
※やむを得ぬ事情で公演が延期になったり中止になったりする場合がございます。何卒ご了承いただければと存じます。
<2018年12月>
<2018年11月>
<2018年10月>
<2018年9月>
<2018年8月>
<2018年7月>
<2018年6月>
<2018年5月>
<2018年4月>
<2018年3月>
<2018年2月>
<2018年1月>


<2017年12月>
12月27日(水)
ベートーベン作曲 「第九」  (東京都)
12月24日(日)
ベートーベン作曲 「第九」  (東京都)
12月17日(日)
ベートーベン作曲 「第九」  (鳥取県)
12月16日(土)
ベートーベン作曲 「第九」  (兵庫県)
12月9日(土)
詳細後日発表  (兵庫県)
12月4日(月)
詳細後日発表  (東京都)
<2017年11月>
11月24日(金)
詳細後日発表  (下関市)
11月21日(火)
詳細後日発表
11月19日(日)
詳細後日発表  (宇部市)
11月17日(金)
詳細後日発表  (東京都)
11月9日(木)
光高校 学校公演  (光市)
11月5日(日)
詳細後日発表   (福岡県)
11月2日(木)
ヴェルディ作曲 「レクイエム」   (愛知県)
<2017年10月>
10月27日(金)
内日中学校 学校公演  (下関市)
10月21日(土)
パーティーでの歌唱  (宇部市)
10月19日(木)~20日(金)
ぱしふぃっくびいなす エンターテイメント  (ぱしふぃっくびいなす)
10月15日(日)
第3回枚方シティオペラ 歌劇「蝶々夫人」  (大阪府)
<2017年9月>
9月29日(金)~10月1日(日)
にっぽん丸三越伊勢丹プレミアムチャータークルーズvol.6 海の上のオペラ「カルメン」  (にっぽん丸)
9月17日(日)
おんがくフェスタin川越  (埼玉県)
9月16日(土)
高輪会 歌劇「椿姫」  (東京都)
9月10日(日)
堺シティオペラ 歌劇「ラ・ボエーム」 (大阪府)
9月4日(月)
せいあLee ソプラノリサイタル   (東京都)
<2017年8月>
8月13日(日)
京都市交響楽団定期 ヴェルディ作曲「レクイエム」  (京都府)

<2017年7月>
7月30日(日)
OPERAMANIA2 ベルカントからリヒャルト・シュトラウスまで  (東京都)
7月23日(日)
第12回 はましんファミリーコンサート  (静岡県)
7月9日(日)
ひまわりコンサート  (福岡県)
7月2日(日)
藤原歌劇団公演 ベッリーニ作曲 歌劇「ノルマ」  (東京都)

<2017年6月>
6月2日(金)
帝国ホテル大阪 チャペルコンサート  (大阪府)
<2017年5月>
5月28日(日)
日本声楽発声学会コンサート  (東京都) ※関係者のみ
5月18日(木)
マンスリーコンサート in YOSHUホール  (兵庫県)
5月13日(土)
心に響く名歌~ガラ・コンサート  (兵庫県)
5月11日(木)
ブラームスの小径オペラ 絢爛たる黄金の声の共演  (東京都)
<2017年4月>
4月29日(土)
横山幸雄×藤田卓也 コンサート (広島県)
4月22日(土)
高輪会 プッチーニ作曲 歌劇「トゥーランドット」  (東京都)
4月15日(土)
坂口裕子&藤田卓也 デュオリサイタル vol.2  (兵庫県)
4月9日(日)
白川深雪&藤田卓也 PJコンサート  (福岡県)
<2017年3月>
3月26日(日)
坂口裕子&藤田卓也 蔵しっくコンサート  (大阪府)
3月25日(土)
下関ボート イベントでの歌唱  (下関市)
3月18日(土)or19日(日)
広島シティオペラ公演 プッチーニ作曲 歌劇「ラ・ボエーム」  (広島県)
<2017年2月>
2月28日(火)
パーティーイベント  (沖縄県)
2月19日(日)
川西市民合唱団 ヴェルディ作曲 「レクイエム」  (兵庫県)
2月4日(土)
藤原歌劇団 歌劇「カルメン」  (東京都)
<2017年1月>
1月15日(日)
倉敷混声合唱団 定期演奏会  (岡山県)

◆◆◆2016年演奏会◆◆◆
◆◆◆2015年演奏会◆◆◆
◆◆◆2014年演奏会◆◆◆
◆◆◆2013年演奏会◆◆◆
◆◆◆2012年演奏会◆◆◆
◆◆◆2011年演奏会◆◆◆
◆◆◆2010年演奏会◆◆◆

第3回枚方シティオペラ プッチーニ作曲 オペラ「蝶々夫人」





プッチーニ作曲 オペラ「蝶々夫人」(全2幕/イタリア語上演/字幕付き)

枚方シティオペラ第3回公演は、明治時代の日本・長崎が舞台の人気オペラ「蝶々夫人」!!
時は1890年代、舞台は長崎の港を見下ろす丘に立つ家。アメリカ海軍士官のピンカートンと、彼を信じて結婚した蝶々さんの悲劇の物語。2幕の冒頭、ピンカートンのことを想ってひたすら待つ蝶々さんが歌う名曲アリア「ある晴れた日に」をはじめ、「さくらさくら」や「君が代」など日本の旋律を随所に取り込んだ人気のオペラを、蝶々夫人 並河寿美さん、ピンカートン藤田卓也さんをはじめ枚方シティオペラを支えるソリストに加え、本場イタリアより指揮者ガブリエーレ・ペツォーネ、シャープレス役マルチェロ・リッピ(バリトン)が国際文化芸術交流として参加します。

■日時
2017年10月15日(日)
14時開演(開場 午後1時30分)

■会場
枚方市市民会館大ホール

■入場料
【全席指定】
S席一般:5,500円(当日:6,000円)
S席財団友の会:5,000円(当日:5,500円)
A席一般:4,500円(当日:5,000円)
A席財団友の会:4,000円(当日:4,500円)
B席一般:3,000円(当日:3,500円)
B席財団友の会:2,500円(当日:3,000円)
※就学前児の入場はご遠慮ください。
※前売で完売となった場合、当日券の販売はありません。

販売場所
枚方市市民会館
ひらかた観光ステーション
マイライフ新聞社
ローソンチケット 【Lコード:53594】
チケットぴあ 【Pコード:331-859】
大東楽器Muse Duo

チケット発売
一般 7月21日(金)
財団友の会 7月14日(金)

助成
(一財)地域創造

協力
イタリア文化会館-大阪
きものつたや

後援
大東楽器ミューズデュオ

【演 出】奥村啓吾(枚方シティオペラ芸術監督)
【指 揮】ガブリエーレ・ペツォーネ
【管弦楽】枚方シティオペラ管弦楽団
【合唱団】枚方シティオペラ合唱団(市民参加)
【出 演】
並河 寿美(蝶々夫人/ソプラノ)
藤田 卓也(ピンカートン/テノール)
マルチェロ・リッピ(シャープレス/バリトン)
西原 綾子(スズキ/メゾソプラノ)
松森 治(ヤマドリ侯爵/バリトン)
谷 浩一郎(ゴロー/テノール)
木村 孝夫(ボンゾ/バリトン)
北野 智子(ケート/ソプラノ)
※出演者、曲目は変更になる場合がございますので予めご了承ください。

よろしかたら是非お越しくださいませ!

にっぽん丸三越伊勢丹プレミアムチャータークルーズvol.6 海の上のオペラ「カルメン」

にっぽん丸三越伊勢丹プレミアムチャータークルーズvol.6 海の上のオペラ「カルメン」

洋上で「オペラの世界」が幕を開ける。
全ての芸術は音楽に嫉妬する―。19世紀の哲学者、ニーチェの言葉です。今年で6回目を数える三越伊勢丹の“にっぽん丸チャータークルーズ”のテーマは「オペラ」。音楽の総合芸術と称される歌劇の世界に包まれていつもとはひと味違う、華麗な週末のひとときをお愉しみください。

第1夜 [1日目] 9/29(金)
名作歌劇曲からスタンダードナンバーまで「オープニング・ガラ・コンサート」を開催
クルーズ初日の夜、船内のドルフィンホールでは藤原歌劇団による「オープニング・ガラ・コンサート」を開催します。世界各国で奏でられる名作オペラの中から、楽章の一節を演奏。世界的に知られるオペラの名曲から日本人に馴染みのあるポピュラーソングまで、オペラ歌手が繰り出す迫力の歌声に誰もが心を震わされます。

第2夜 [2日目] 9/30(土)
世界中で圧倒的人気を誇る傑作オペラ歌劇「カルメン」の全4幕を堪能(原語上演/字幕付)
2日目の夜には、世界的に有名なビゼーの最高傑作「カルメン」全4幕を二部構成にて上演します。音響設備が整ったドルフィンホールにて異国情緒に満ちた激情の物語をご鑑賞ください。ステージと観客席との距離が近いため、藤原歌劇団を代表するトップアーティストたちの表情や所作、小道具までもが間近に感じられる稀有な機会。他では得られない特別な臨場感を存分にお愉しみいただけます。
<以上公式PR>

■日時
2017年9月29日(金)横浜発  10月1日(日)横浜着

■場所
にっぽん丸

■クルーズ料金
128,000円~898,000円

■お申込み・お問合せ
主催:三越伊勢丹旅行 クルーズデスク
TEL 03-3274-4633
http://www.im-travel.co.jp/cruise.html

■キャスト
指揮 田邊賀一
演出 馬場紀雄

カルメン 鳥木弥生
ドン・ホセ 藤田卓也
エスカミーリョ 須藤慎吾
ミカエラ 小林沙羅
ズニガ 安東玄人
モラレス 大石洋史
フラスキータ 山崎浩美
メルセデス 細見涼子
ダンカイロ 江原 実
レメンダード 琉子健太郎

合唱 藤原歌劇団合唱部

【主催】 三越伊勢丹旅行 クルーズデスク
【制作協力】 公益財団法人日本オペラ振興会

よろしかったら是非ご応募くださいませ!

細川智美企画コンサート おんがくフェスタin川越 ひとおんがく





細川智美企画コンサート
おと。ひと。おんがく。
おんがくフェスタin川越


■日時
2017年9月17日(土)
開演13:30~(開場13:00)

■場所
ウエスタ川越 大ホール

■入場料
¥1,000 (子ども¥500)全席自由

第1部ソロステージ
●小学生によるピアノ連弾
アマチュアからプロまで
更にスペシャルゲストを迎え歌曲やオペラアリア満載の華やかな歌の競演

第2部合唱ステージ
●音楽舎"輪曲"による"雨に唄えば"等
ミュージカル音楽
●坂戸第九を歌う会による
フォーレ作曲"レクイエムop.48"より抜粋
●源田俊一郎編曲
"ふるさとの四季"を会場の皆様とご 緒に!


よろしかったら是非お越しくださいませ!

せいあリー ソプラノリサイタル Grace Note 2017

http://seialee.com/concert2017/
せいあリー ソプラノリサイタル Grace Note 2017

■日時
2017年9月4日(月)
19:00 開演

■場所
サントリーホール 大ホール

■入場料
SS20,000 
S18,000 
A12,000 
B10,000 
C8,000 
D5,000 
(5月15日一般発売)


■出演
指揮:西本智実
ソプラノ:せいあLee
テノール:藤田卓也
イルミナートフィルハーモニーオーケストラ

■お問い合わせ
JSTせいあLeeコンサート事務局 03-5738-5357

※公演情報は、曲目・出演者・開演時間等に変更のある場合がございます。
※就学前のお子様の同伴・入場は、特別な公演を除きご遠慮いただいております。
※チケットは、サントリーホールチケットセンターにおいて販売が終了していても、主催元等でご用意できる場合がございます。お問い合わせ先にてご確認ください。
※チケットの購入方法により、販売期間が異なる場合がございます。
※サントリーホールチケットセンターでの取り扱いがない公演もございます。

よろしかったら是非お越しくださいませ!

京都市交響楽団 第615回定期演奏会

京都市交響楽団 第615回定期演奏会

名古屋フィル指揮者及び神奈川フィル常任指揮者として次代を担う若きマエストロ川瀬賢太郎が、ついに京響定期へ登場!オペラ作曲家ヴェルディがイタリアの文豪マンゾーニの死を悼んで作曲した、オペラに勝るほど壮大なレクイエムで、世界的に活躍する豪華な歌手による独唱と京響コーラスの重厚なハーモニーとともに、甘美かつ感動あふれるヴェルディの世界へ誘います。<公式PRより>


■日時
2017年8月13日(日) 
14:30開演

■場所
京都コンサートホール・大ホール

■入場料
チケット:2017 5/20から発売
S:¥5,000
A:¥4,500
B:¥3,500
P:¥2,000(舞台後方席)
お問合せ先:プレイガイド
チケットぴあPコード:315-345
ローソンチケットLコード:52294


■出演者:
川瀬 賢太郎(指揮)
小川 里美(ソプラノ)
福原 寿美枝(メゾソプラノ)
藤田 卓也(テノール)
妻屋 秀和(バス)
京響コーラス

■曲目等:♪開演前2:10pm~プレトーク
ヴェルディ:レクイエム
♪当日残席がある場合のみ発売:学生券
 (S:¥2,000  A:¥1,500 B:¥1,000 )
※学生券は、開演1時間前から発売。
※本公演では休憩がないため、後半券の発売はありません。

♪未就学のお子様のご入場はお断りいたします。
♪託児ルームあり(1歳以上未就学児/定員10名/有料:お子様1人につき¥1,000/公演1週間前までに京響075-711-3110へ要予約)

■助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)


よろしかったら是非お越しくださいませ!

堺シティオペラ 第32回定期公演 オペラ「LA BOHÈME ラ・ボエーム」

ボエーム

ボエーム2

第32回定期公演 オペラ「LA BOHÈME ラ・ボエーム」
全4幕 イタリア語原語上演日本語字幕付き
作曲 G.プッチーニ  台本 G.ジャコーザ L.イッリカ



情熱的で限りなく優しい音楽に溢れたプッチーニの傑作
大都会パリの片隅、夢を求める若き芸術家たちの友情・・・
クリスマスに始まった美しくも儚い恋の行方は・・・
甘く切ない青春の物語


■日時 
2017年9月9日(土)16:00開演(開場15:00)
2017年9月10日 (日) 14:00開演(開場13:00)
※両日とも開演30分前にオペラをより良く楽しんでいただく為の演出家のお話があります。

■場所
SAYAKAホール(大阪狭山市文化会館)

■入場料
[全席指定]S席10,000円 / A席8,000円 / B席6,000円 / C席3,000円

   ※10日公演のC席は完売いたしました。

    

                   

指揮 柴田 真郁    演出 粟國 淳
管弦楽 大阪交響楽団

9月9日(土)
ミミ    水野 智絵   
ロドルフォ 矢野 勇志
ムゼッタ  四方 典子
マルチェッロ 西尾 岳史
ショナール 大野 浩司
コッリーネ 松中 哲平
パルピニョールと合唱 中嶌 力
べノア/アルチンドロ Krisjanis Norvelis

9月10日(日)
ミミ    並河 寿美
ロドルフォ 藤田 卓也
ムゼッタ  城村 紗智
マルチェッロ 森 寿美
ショナール 山岸 玲音
コッリーネ 井原 秀人
パルピニョールと合唱 上辻 直樹
べノア/アルチンドロ Krisjanis Norvelis

合 唱   堺シティオペラ記念合唱団
合唱指導  岩城 拓也
児童合唱  堺シティオペラKid's Chor
バレエ  西尾 睦生

※未就学児はご入場いただけません。やむを得ない事情により、出演者が変更になることがあります。

舞台監督:菅原 多敢弘   
装置プランナー:横田 あつみ 
衣裳プランナー:増田 恵美   
照明プランナー:原中 治美  
制作統括:坂口 茉里   

●チケット発売日 会員先行予約 5月29日~31日(会員特別割引有り) 一般発売 6月1日
●チケットのお求め/
堺シティオペラ事務局 TEL: 072-254-1151   http://sakai-city-opera.jp/
電子チケットぴあ   TEL: 0570-02-9999(Pコード  )
(公財)堺市文化振興財団 TEL: 072-228-0055(電話予約専用)
チケット窓口販売/堺市文化振興財団(堺市堺区熊野町東4-4-20 林ビル5階)・堺市立東文化会館・
栂文化会館・美原文化会館・SAYAKAホール

●お問い合わせ 堺シティオペラ一般社団法人 電話:072-254-1151 Fax:072-254-1171


よろしかったら是非お越しくださいませ!

第24回コーロひまわりコンサート 

第24回コーロひまわりコンサート 

■日時
7月9日(日)
開場13:30 (開演14:00~16:00)

■場所
イイヅカコスモスコモン

■入場料
【全席自由】
2,000円

■お問い合わせ
コーロひまわり
0948-65-1201(高村)

■2部出演
テノール 藤田卓也
ソプラノ 土田衣都美
ピアノ  呉恵珠

よろしかったら是非お越しくださいませ!

NISSAY OPERA 2017 共同制作公演 藤原歌劇団 ベッリーニ作曲 オペラ『ノルマ』

ノルマ


NISSAY OPERA 2017 共同制作公演
ベッリーニ作曲 オペラ『ノルマ』全2幕
(イタリア語原語上演・日本語字幕付)


■日時
2017年7月1日(土)・2日(日)・4日(火)
各日14:00開演 (13:00開場)

■場所
日生劇場

■入場料
【1日・4日】
S席/18,000円
A席/14,000円
B席/10,000円
C席/6,000円
D席/3,000円

【2日】
S席/14,000円
A席/12,000円
B席/9,000円
C席/6,000円
D席/3,000円


指揮:フランチェスコ・ランツィッロッタ
演出:粟國 淳
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
合唱:藤原歌劇団合唱部/びわ湖ホール声楽アンサンブル



【キャスト】
          7月1日(土)・4日(火)       7月2日(日)
ノルマ        マリエッラ・デヴィーア       小川 里美
アダルジーザ   ラウラ・ポルヴェレッリ       米谷 朋子
ポリオーネ     笛田 博昭              藤田 卓也
オロヴェーゾ    伊藤 貴之              田中 大揮
クロティルデ    牧野 真由美             但馬 由香
フラーヴィオ    及川 尚志              小笠原 一規

※ダブルキャストによる公演です。
※やむを得ない事情により、出演者等が変更となる場合がございます。予めご了承ください。


【スタッフ】
美術 横田 あつみ
衣裳 増田 恵美
照明 原中 治美
舞台監督 菅原 多敢弘

※本公演の詳細は藤原歌劇団のウェブサイトでご覧いただけます。

主催:公益財団法人ニッセイ文化振興財団【日生劇場】、公益財団法人日本オペラ振興会
公益財団法人びわ湖ホール、川崎市スポーツ・文化総合センター、公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団


■お問い合わせ
日本オペラ振興会チケットセンター
044-959-5067(平日10:00〜18:00)

■チケット取扱い先
日本オペラ振興会チケットセンター
TEL: 044-959-5067(平日10:00〜18:00)
ヤング・フレッシュマンチケット(※A~C席半額/25歳以下/枚数限定)及び障がい者割引は、日本オペラ振興会チケットセンターへの電話予約のみのお取扱いとなります。
--------------------
日生劇場(チケット売り場のみ)(10:00〜18:00)

--------------------
東京文化会館チケットサービス
TEL: 03-5685-0650

チケット・ぴあ(Pコード:324-604)
TEL: 0570-02-9999

よろしかったら是非お越しくださいませ!

苦もありゃ楽あるさ

2017.06.15 02:22|今日の出来事
3日前、携帯電話を新幹線に忘れ、iPhoneに替えた2年前からこれで3度目の紛失。まったく何度も。。。見つかって、明日の午前中には戻ってくるのですが、正直落ち込んではいました。

しかし、そんな時でも人生には”無限のドラマ”があります。1番嬉しかったことは、昨日私のレッスン生が見事な進化を見せてくださったことです。私が教え始めた1年程前は、High-Cが限界であったソプラノの人が、なんとHigh-Fまでを素晴らしく伸びやかにスコーンと歌い上げてくださって、ご自身でもビックリ、そしてあの嬉しそうな表情が今でも忘れられません。届いた、ではなく、伸びやかに、あたかも今までずっとそのように出していたかのように安定感のある声でした。新しい扉がオープンしたのです。今年の飯塚新人音楽コンクールの審査員の講評の場面で、呉恵珠先生が「風に乗るということは、自分の扉を開けるということ」という感動的なメッセージをお話していらっしゃいましたが、まさにその瞬間だったなと思いました。

また同日。別のレッスン生においては、ご自身の根本的な壁にぶち当たって、それを乗り越えなければならない時期がやってきています。ご本人にも自覚があり、2人でその状況に向き合いました。とても純粋で、とても真面目で、だけどちょっとだけ不器用な方。これまでも気付いていないわけではなかったのです。ただその壁を回避してやってこれたのです。しかし、今、この先に大切な何かがあると確認できた瞬間となりました。今は苦しいです。その苦しみは、同じく歌っている身として痛いほど分かってあげられます。助けてあげたい。しかし、自分でその壁を克服するしかないのが孤独とも言えるこの世界です。私は、その方がその壁を乗り越えるまで見守ります。壁の向こうを確認できたこと、これは大きな大きな喜びでした。後は真っ直ぐ立ち向かうのみです!

今日、ノルマの稽古の後、夜2時間ほど自主練習をしました。1つ1つ細かく分解して発声練習をしていく中で、高音部の練習の際納得のいくHigh-Fが出せました。納得のいく音かどうかということは、声楽家にとってとても大事なことであり、納得がいけば天にも昇るような充実感と幸福感があります。テノールにとってこのHigh-Fという音は、発声が間違っていれば出ない音、また健康でないと出ない音だと、私はバロメーターにしています。出るには出てもその出方で自分の身体のことを逆算できます。明日、そしてそれ以降、この”納得”を継続できるか分からないのが声楽というものです。しかし、やる気はずっと漲っています。明日は稽古はお休みですので自主練習が楽しみです。

今日はパソコンが使える環境になり、携帯電話紛失のため滞っていた連絡も多くやりとり出来ました。Facebookでは沢山の方が携帯電話のことや私の身体のことを心配してくださいました。長く連絡をとっていなかった尊敬する先生ともやり取りができました。今日もやっぱりノルマの稽古は素敵な時間でした。好きなカフェで気持ちの良い仲間と楽しい時間を過ごせました。ノルマ公演の子役の子達と初めて会いその社交性と賢さに驚き&嬉しさが込み上げました。晩御飯の卵焼きがなんだか美味しくできました。

などなど・・・

楽しいことが本当にいっぱい。

感謝。

人生って不思議なものです。

もう数時間で、携帯電話は戻ってきます♪

今年2度目の

2017.06.10 19:21|今日の出来事
今、私はツイている。

3月にダイドー自動販売機のスロットが6666と揃い、もう1本を無料ゲットしたばかりだ。自動販売機のスロット当選は生まれて初めてだった。

そして今日、同じくダイドー自動販売機で7777と揃い、3月に41年目で初めてだったものが、その3ヶ月後に2度目がやってきた!

くじ運のない私には珍しいことであり、ここに記す。

ありがとうございます。
| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

藤田卓也

Author:藤田卓也
こちらのブログでは、私が出演する演奏会情報や日々感じることを掲載しております。演奏会の御依頼やチケットの御予約もこちらのブログで承っておりますので、どうぞご利用くださいませ♪

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ページトップへ